2021年11月19日サー・サイモン・バロン=コーエン教授、「自閉症の出生前の性ステロイド理論」、ニューロ・ダイバーシティ【ビデオ会議】

サー・サイモン・バロン=コーエン教授 (Sir Simon Baron-Cohen), ケンブリッジ大学、発達精神病理学科教授、自閉症センター長
サー・サイモン・バロン=コーエン教授 (Sir Simon Baron-Cohen), ケンブリッジ大学、発達精神病理学科教授、自閉症センター長

サー・サイモン・バロン=コーエン教授 (Sir Simon Baron-Cohen), ケンブリッジ大学、発達精神病理学科教授、自閉症センター長、トリニティコレッジのフェロー

【トリニティ・イン・ジャパン・ビデオディスカッション】
日時:2021年11月19日(金曜日)19:00日本時間(10:00英国時間)
場所:完全オンライン
ゲスト:サー・サイモン・バロン=コーエン (Sir Simon Baron-Cohen)教授、トリニティコレッジのフェロー
*ZOOMのオンラインミーテイング。事前登録必要。参加者は記録のウエブサイト、ソーシャルメディアへのアップロード合意しています。

【トリニティ・イン・ジャパン・ユーチュー・ブチャンル】

https://www.youtube.com/trinityjapan?sub_confirmation=1

◾️プログラム

  • 19:00〜19:15    ミーティングの開始。
  • 19:15〜20:00 サー・サイモン・バロン=コーエン「自閉症の出生前の性ステロイド理論」
  • 20:00〜20:45    ディスカッション

参加無料

参加方法:事前登録必要。

【ゲスト経歴】

サー・サイモン・バロン=コーエン教授 (Sir Simon Baron-Cohen)について

主な著作

  • 共著『自閉症入門―親のためのガイドブック』久保紘章・内山登紀夫・古野晋一郎翻訳、中央法規出版、1997年
  • 『自閉症とマインド・ブラインドネス』長野敬・長畑正道・今野義孝翻訳、青土社、1997年、新装版2002年
  • 『共感する女脳、システム化する男脳』三宅真砂子翻訳、NHK出版、2005年
  • 『自閉症スペクトラム入門-脳・心理から教育・治療までの最新知識』水野薫・鳥居深雪・岡田智翻訳、中央法規出版、2011年

主な著作(英語)

  • Mindblindness: An Essay on Autism and Theory of Mind, MIT Press
  • The Essential Difference: Men, Women and the Extreme Male Brain, Penguin
  • Autism and Asperger Syndrome. Facts. Oxford University Press
  • Zero Degrees of Empathy: A New Theory of Human Cruelty (in USA: The Science of Evil: On Empathy and the Origins of Human Cruelty) , Penguin
  • The Pattern Seekers: A New Theory of Human Invention (USA: The Pattern Seekers: How Autism Drives Human Invention), Basic Books
  • and many more co-authored books
Autism: An evolutionary perspective, Professor Simon Baron-Cohen, 1st Symposium of EPSIG, 2016

連絡先、参加登録

    Photograph of Professor Sir Simon Baron-Cohen – License:

    This file is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license, see: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Simon_Baron-Cohen.jpg

    (c) 2021 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ