トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)・トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ

700年間の歴史と伝統、アイザック・ニュートン卿、34人のノーベル賞受賞者

ケンブリッジから全世界のインパクト

トリニティ・カレッジはヘンリー8世によって1546年に、キングスホールとマイケルハウスのカレッジと七校のホステル(Catherine’s, Garratt, Gregory’s, Ovyng’s, Physwick, St Margaret’s, and Tyler’s)の統合により設立されました。

キングスホールは700年前に、1317年7月7日はエヅアルト2世によって設立されました。

アイザック・ニュートン卿、34人のノーベル賞受賞者はトリニティ・カレッジのメンバー、あるいはかつてメンバーであった人たちです。

トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)はフェロー180人、大学生600人、大学院生300人位含めております。

トリニティ・カレッジのノーベル賞受賞者

  1. 1904 ジョン・ウィリアム・ストラット (第3代レイリー男爵) (物理)
  2. 1906 サー・ジョゼフ・ジョン・トムソン (物理)
  3. 1908 アーネスト・ラザフォード (ラザフォード男爵) (化学)
  4. 1915 サー・ウィリアム・ヘンリー・ブラッグ (物理)
  5. 1915 サー・ウィリアム・ローレンス・ブラッグ (物理)
  6. 1917 チャールズ・グローバー・バークラ (物理)
  7. 1922 ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア (物理)
  8. 1922 フランシス・ウィリアム・アストン (化学)
  9. 1922 アーチボルド・ヴィヴィアン・ヒル (生理学・医学)
  10. 1925 サー・ジョゼフ・オースティン・チェンバレン (平和)
  11. 1928 オーエン・ウイランス・リチャードソン (物理)
  12. 1929 サー・フレデリック・ガウランド・ホプキンズ (生理学・医学)
  13. 1932 エドガー・ダグラス・エイドリアン(エイドリアン男爵) (生理学・医学)
  14. 1936 サー・ヘンリー・ハレット・デール (生理学・医学)
  15. 1937 ジョージ・パジェット・トムソン (物理)
  16. 1950 バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル (ラッセル伯爵) (文学)
  17. 1951 アーネスト・トマス・シントン・ウォルトン (生理学・医学)
  18. 1952 リチャード・ローレンス・ミリングトン・シング (化学)
  19. 1962 ザー・ジョン・カウデリ・ケンドリュー (化学)
  20. 1963 サー・アラン・ロイド・ホジキン (生理学・医学)
  21. 1963 ザー・アンドリュー・フィールディング・ハクスリー (生理学・医学)
  22. 1973 ブライアン・デビト・ジョゼフソン (物理)
  23. 1974 ザー・マーティン・ライル (物理)
  24. 1977 ジェイムズ・エドワード・ミード (経済学)
  25. 1978 ピョートル・レオニドビチ・カピッツァ (物理)
  26. 1980 ウォルター・ギルバート (化学)
  27. 1982 ザー・アーロン・クルーグ (化学)
  28. 1983 スブラマニアン・チャンドラセカール (物理)
  29. 1996 サー・ジェームズ・アレクサンダー・マーリーズ (経済学)
  30. 1998 サー・ジョン・アンソニー・ポープル (化学)
  31. 1998 アマルティア・セン (経済学)
  32. 2009 ヴェンカトラマン・“ヴェンキ”・ラマクリシュナン (化学)
  33. 2018 サー・グレゴリー・ウィンター (化学)
  34. 2019 ディディエ・パトリック・ケロー (物理)

トリニティ・カレッジのノーベル賞受賞者のメンバーか元メンバー

トリニティーの図書館 トリニティーのノーベル賞について

柴田賢「ケンブリッジ大学のカレッジ制度 -トリニティ・カレッジの栄光」(日本語版)

トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティの元理事柴田賢の論文「ケンブリッジ大学のカレッジ制度 -トリニティ・カレッジの栄光」(日本語版)のpdfファイルのダウンロードはこちら

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nbukiyou/1/0/1_KJ00004290121/_pdf/-char/ja

https://ci.nii.ac.jp/naid/110004707817

DOI 10.24609/nbukiyou.1.0_167

トリニティ・カレッジ、ケンブリッジ大学
トリニティ・カレッジ、ケンブリッジ大学

(c) 2014-2020 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ