2021年5月28日イートウェル男爵「ピエロ・スラッファ、経済理論の下に時限爆弾を置いたトリニティの謎」【ビデオ会議】

イートウェル男爵、ジョン・イートウェル氏 (Lord John Eatwell)
イートウェル男爵、ジョン・イートウェル氏 (Lord John Eatwell)

イートウェル男爵、ジョン・イートウェル氏 (John Eatwell, Lord Eatwell of Stratton St Margaret)、元トリニティコレッジのフェロー、ケンブリッジ大学のクイーンズコレッジの元 プレシデント、ケンブリッジ大学の経済政策名誉教授。

「ピエロ・スラッファ、経済理論の下に時限爆弾を置いたトリニティの謎」

【トリニティ・イン・ジャパン・ビデオディスカッション】
日時:2021年5月28日(金曜日)19:00
場所:完全オンライン
ゲスト:イートウェル男爵、ジョン・イートウェル氏 (Lord John Eatwell)
*ZOOMのオンラインミーテイング。事前登録必要。参加者は記録のウエブサイト、ソーシャルメディアへのアップロード合意しています。

◾️プログラム

  • 19:00    ミーティングの開始。
  • 19:15〜20:15 イートウェル男爵「ピエロ・スラッファ、経済理論の下に時限爆弾を置いたトリニティの謎」
  • 20:15〜   ディスカッション

参加無料

参加方法:事前登録必要。

*ディスカッションにおいてイートウェル男爵への質問がある場合は、事前に主催者におしらせください。

【ゲスト経歴】

イートウェル男爵、ジョン・イートウェル氏 (John Eatwell, Lord Eatwell of Stratton St Margaret)について

  • トリニティー・コレッジの元フェロー、
  • ケンブリッジ大学のクイーンズコレッジの元 プレシデント,
  • ケンブリッジ大学の経済政策名誉教授

著書

ピエロ・スラッファ氏について

経済学者。トリニティコレッジの元フェロー。

ピエロ・スラッファの業績

  • Sraffa, Piero, 1960, Production of Commodities by Means of Commodities: Prelude to a Critique of Economic Theory. Cambridge University Press 『商品による商品の生産』
  • Sraffa, Piero, “Dr. Hayek on Money and Capital”, The Economic Journal, 1932, 42: 42–53.
  • Sraffa, Piero, 1926, “The Laws of Returns under Competitive Conditions”, Economic Journal, 36(144), pp. 535–550
  • Sraffa, Piero, “The Bank Crisis in Italy”The Economic Journal, 1922, 36 (126) (June), pp. 178-197.

主要邦訳

  • 代表の本「Production of Commodities by Means of Commodities」『商品による商品の生産』
  • 『商品による商品の生産』菱山泉・山下博訳、有斐閣、1978年。
  • 『経済学における古典と近代―新古典学派の検討と独占理論の展開』菱山泉・田口芳弘訳、有斐閣、復刊2002年(菱山泉の編集で、スラッファの初期論文2本を収録)
  • スラッファ編『デイヴィド・リカードウ全集』第1巻~第10巻、第11巻総索引、雄松堂書店、1970~2000年

ユーチューブチャネルをフォロー

https://www.youtube.com/channel/UC_I77ZuU_ce8ZKVdAysPWkA?sub_confirmation=1

連絡先、参加登録

    (c) 2021 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ