「判事の視点」His Honour ウイトルド・パヴラック (トリニティ1966)

His Honour ウイトルド・パヴラック氏 は英国のヴドグリーン国王裁判所の裁判官(2004〜2017)の視点について

2019年11月28日(木曜日)19:00から東京の中心で予定。英国のクラウンコート裁判所の数年間の裁判官は判事の視点をお伝える。

プログラム

  • 19:00〜19:30 His Honour ウイトルド・パヴラック氏「判事の視点」
  • 19:30〜21:30 会食
  • 21:30から  二次会

ご参加望ましい会員様は一週間前、2019年11月22日(金曜日)迄に登録・参加費の前払いをお願い致します。

ケンブリッジ大学のトリニトィ・カレッジのメンバーのみ参加出来ます。

His Honour ウイトルド・パヴラック氏、Wood Green Crown Court (ヴドグリーン国王裁判所)の裁判官(2004〜2017)

Trinity 1966. Called to the Bar in 1970. Practised in contract, tort, environmental, family, financial services and other areas. Memorable cases include re Schwitters (Hospital Patient), Spring v Guardian Assurance and Rv Hertfordshire County Council ex parte Green Environmental. Appointed circuit judge 2004 until 2017 at Wood Green Crown Court (ヴドグリーン国王裁判所), thereafter a Deputy Circuit Judge until April 2020. Training in mediation for mediators in Poland for 10 years. Currently working on the EU Modern Court project in Ukraine.

連絡先、参加登録

ウイトルド・パヴラック台下
His Honour ウイトルド・パヴラック氏、Wood Green Crown Court (ヴドグリーン国王裁判所)の裁判官(2004〜2017)

(c) 2019 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ