カテゴリー
講演

2019年11月28日(木)His Honour ウイトルド・パヴラック氏 「判事の視点」

「判事の視点」His Honour ウイトルド・パヴラック (トリニティ1966)

His Honour ウイトルド・パヴラック氏 は英国のヴドグリーン国王裁判所の裁判官(2004〜2017)の視点について

2019年11月28日(木曜日)19:00から東京の中心で予定。英国のクラウンコート裁判所の数年間の裁判官は判事の視点をお伝える。

プログラム

  • 19:00〜19:30 His Honour ウイトルド・パヴラック氏「判事の視点」
  • 19:30〜21:30 会食
  • 21:30から  二次会

ご参加望ましい会員様は一週間前、2019年11月22日(金曜日)迄に登録・参加費の前払いをお願い致します。

ケンブリッジ大学のトリニトィ・カレッジのメンバーのみ参加出来ます。

His Honour ウイトルド・パヴラック氏、Wood Green Crown Court (ヴドグリーン国王裁判所)の裁判官(2004〜2017)

Trinity 1966. Called to the Bar in 1970. Practised in contract, tort, environmental, family, financial services and other areas. Memorable cases include re Schwitters (Hospital Patient), Spring v Guardian Assurance and Rv Hertfordshire County Council ex parte Green Environmental. Appointed circuit judge 2004 until 2017 at Wood Green Crown Court (ヴドグリーン国王裁判所), thereafter a Deputy Circuit Judge until April 2020. Training in mediation for mediators in Poland for 10 years. Currently working on the EU Modern Court project in Ukraine.

連絡先、参加登録

ウイトルド・パヴラック台下
His Honour ウイトルド・パヴラック氏、Wood Green Crown Court (ヴドグリーン国王裁判所)の裁判官(2004〜2017)

(c) 2019 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ

カテゴリー
講演

2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演

ラグビーワールドカップ特別ミーティング、2019年10月18日(金曜日)19:00

ケンブリッジ大学のトリニトィ・カレッジのフェローとメンバー参加出来ます

2019年10月18日(金曜日)19:00ラグビーワールドカップの特別ミーティング行っております。ミーティングは2019年10月18日(金曜日)19:00に東京の中心予定です。会費は一万円(2019年10月11日迄前払い)、会席ディナー、二時間の飲み放題は含めております。ディナーの後は二次会も予定。

ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)は数年間大手自動車メーカーで経営者の経験の上で、自動車業界の将来についての公演予定。

ご参加望ましい会員様は2019年10月11日(金曜日)迄に登録と会費の前払いお願い致します。

2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演
2019年10月18日ラグビーワールドカップの特別ミーティング、ヴォルフガング・ウンゲレル氏(1990)の自動車業界の将来についての公演

連絡先、参加登録

ラグビーワールドカップ
トリニティ・イン・ジャパン、ラグビーワールドカップ
トリニティ・イン・ジャパン、ラグビーワールドカップ
トリニティ・イン・ジャパン、ラグビーワールドカップ
トリニティ・イン・ジャパン、ラグビーワールドカップ
トリニティ・イン・ジャパン、ラグビーワールドカップ
ラグビーワールドカップ
トリニティ・イン・ジャパン、ラグビーワールドカップ
カテゴリー
講演

2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」

「人道主義の興亡」マイケル・バンナー氏

ケンブリッジ大学のトリニトィ・カレッジのメンバー参加出来ます

トリニティー・イン・ジャパンの特別イベントは2019年10月1日(火曜日)18:00から東京の中心のレストランに行っております。

プログラム

  • 18:00〜19:00 レセプション
  • 19:00〜19:30 マイケル・バンナー氏、トリニティー、「人道主義の興亡」、ケンブリッジ大学の最近の発展について
  • 19:30〜 21:30会食
  • 21:30から  二次会

ご参加望ましい会員様は一週間前、2019年9月20日(金曜日)迄に登録・参加費の前払いをお願い致します。

ケンブリッジ大学のトリニトィ・カレッジのメンバーのみ参加出来ます。

2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
2019年10月1日特別イベント。マイケル・バンナー氏「人道主義の興亡」
The Revd Dr Michael Banner, Trinity College Cambridge, Dean of Chapel and Fellow, Director of Studies in Theology, Chair of Alumni Relations and Development

The Revd Dr Michael Banner… “one of the brightest and most interesting young people doing ethics on the scene today”

Dean of Chapel and Fellow,
Director of Studies in Theology,
Chair of Alumni Relations and Development, Trinity College

https://www.trin.cam.ac.uk/undergraduate/courses/theology-religion-and-philosophy-of-religion/

Michael Banner’s Bampton Lecture in the University of Oxford, 2013, was published as The Ethics of Everyday Life: Moral Theology, Social Anthropology and the Imagination of the Human (OUP, 2014). The Bampton lectures were held since 1780, see: https://en.wikipedia.org/wiki/Bampton_Lectures

https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Banner

Michael Banner – Birth and Human Flourishing

Michael Banner – Ethics for Lunch: Biotechnology and Respect for Nature: Jonas’s Dilemma

本、論文

Stanley Hauerwas wrote in his review of “Christian Ethics and Contemporary Moral Problems”
‘Michael Banner is an event waiting to happen. He is clearly one of the brightest and most interesting young people doing ethics on the scene today. He is a first-rate theologian who promises to be a new and long-standing voice not only in England but in America. This is a good book and one that I believe will be widely read.’ Stanley Hauerwas, Duke University

連絡先、参加登録

(c) 2019 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ

カテゴリー
講演

日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日

日本のコルポレートガバナンス改革

HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec,ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日(木曜日)19:00

2019年3月7日はHEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec, トリニティ・イン・ジャパンの日本のコルポレートガバナス改革についてのイベント予定です。

日本のコルポレートガバナンス改革

Everyone of us who wants Japanese companies to take major decisions, e.g. in major sales, M&A, as investor, or executive or employee benefits from understanding how Japanese companies take decisions at top level. Corporate governance is about how companies take decisions, and how this decision making is controlled. Reforms were initiated by PM Abe and Japan’s Parliament since 2015, mainly driven by the very low returns on capital by Japanese companies compared to Europe and US, and by a long series of scandals. 

As the major shareholder of Nissan, Renault shares responsibility for corporate governance at Nissan, and governance of Nissan directly impacts employment in France. Thus interest in Japan’s corporate governance has suddenly shot up in France.The speaker has several years experience as Board Director and Member of the Supervisory & Audit Committee of a stock market listed Japanese SaaS, cloud and cybersecurity group, and will give a practician view of governance at Japanese companies.

日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日

スピーカー ゲルハルト ファーソル

Dr. Gerhard Fasol, graduated with a PhD in Physics of Cambridge University.  He first came to Japan in 1984 to help build a research cooperation with NTT.  In 1997 he founded the company Eurotechnology Japan KK and has been working with hundreds of Japanese and foreign companies on cross-border business development and M&A projects. For four years he served as Board Director of a Japanese stock market listed company. He is also Guest-Professor at Kyushu University and was tenured faculty in Physics at Cambridge University,  Fellow and Director of Studies at Trinity College Cambridge, Associate Professor at Tokyo University’s Dept of Electrical Engineering, and also Guest Professor in Physics at the École Normale Supérieure in Paris. In recent years he has been focusing also on questions of Corporate Governance at Japanese companies, a topic about which he is frequently presenting at a wide range of organizations in and outside Japan.

イベントについて

  • 2019年3月7日19:00
  • 19:00−20:00 公演、ディスカッション
  • 20:00−21:00 コックテール
  • 場所 オー バカナル尾井町
  • 東京都千代田区紀尾井町4-1新紀尾井町ビル 1F
  • https://goo.gl/maps/yuqAxJafe1s  
  • 登録は金曜日2019年3月1日までに

日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日
日本のコルポレートガバナンス改革。HEC, École Polytechnique, Sciences Po, Edhec, Essec、ケンブリッジ大学のトリニティ・イン・ジャパンの共同イベント。2019年3月7日

登録、連絡先

カテゴリー
講演

2018年4月26日ジョン・ウィリアムズの映画「審判」のプリービュー。フランツ・カフカの小説「審判」は現代の日本へ。

「審判」監督・脚本 ジョン・ウィリアムズ

ジョン・ウィリアムズの映画「審判」のプリービュー。フランツ・カフカの小説「審判」は現代の日本へ。プリービュー2018年4月26日

フランツ・カフカの小説「審判」は現代の日本へ。

ジョン・ウィリアムズの映画「審判」のプリービュー2018年4月26日。フランツ・カフカの小説「審判」は現代の日本へ。
にわつとむ(主演・木村陽介 役)、ジョン・ウィリアムズ(監督・脚本)、ファーソル・ゲルハルト
ジョン・ウィリアムズの映画「審判」のプリービュー2018年4月26日。フランツ・カフカの小説「審判」は現代の日本へ。
ジョン・ウィリアムズの映画「審判」のプリービュー2018年4月26日。フランツ・カフカの小説「審判」は現代の日本へ。

(c) 2018 トリニティ・イン・ジャパン・ソサエティ

カテゴリー
講演

2017年10月4日マーティン・リース卿、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学元マシター、「2050年の世界—さらにその先へ 」

マーティン・リース卿、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学元マシター、英国王室天文官、元ロンドン王立協会会長

2050年の世界—さらにその先へ

日本学士院客員マーティン・リース卿来日記念講演会
平成29年10月4日(水)午後2時30分~
日本学士院
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-32
詳しくは http://www.japan-acad.go.jp/japanese/news/2017/082901.html

マーティン・リース卿の講演のまとめは(英語)
http://trinityjapan.org/2017/09/10/lord-martin-rees/

マーティン・リース卿、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学元マシター、「2050年の世界—さらにその先へ 」
マーティン・リース卿、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学元マシター、「2050年の世界—さらにその先へ 」
マーティン・リース卿、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学元マシター、「2050年の世界—さらにその先へ 」
マーティン・リース卿、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学元マシター、「2050年の世界—さらにその先へ 」